Jochen Höhfeld
ヨーヒェン・フーフェルド

パートナー弁理士 |
欧州・ドイツ弁理士
工学修士(機械工学)

ドイツ弁理士
欧州特許弁理士
欧州商標意匠弁理士

1994年より知財分野に携わっている

専門分野
機械工学、医療技術、ポリマー技術、織物技術、複合材料、油空圧技術、電磁弁、製紙、紙幣製造、スマートカード技術、セキュリティ要素、職務発明

所属協会
ドイツ弁理士会、欧州特許庁代理人協会(epi)、AIPPI、MARQUES、ECTA、ドイツ知的財産法協会(GRUR)、国際弁理士連盟(FICPI)、バイエルン州弁理士会

受賞歴
2018年、2019年 、2020年 法律家(弁理士)名士録
2018年Monthly Lawyer賞(弁理士月間賞)
2020年IP STAR賞

Jochen Höhfeld<br>ヨーヒェン・フーフェルド

電話番号
+49 89 2488 279 0

ファックス番号
+49 89 2488 279 99

メールアドレス
hoehfeld@klunker-ip.com

ソーシャルメディア

linkedIn
QR Code

Jochen Höhfeld
ヨーヒェン・フーフェルド

パートナー弁理士 |
欧州・ドイツ弁理士
工学修士(機械工学)

ドイツ弁理士
欧州特許弁理士
欧州商標意匠弁理士

1994年より知財分野に携わっている

来歴

デュッセルドルフ/ケルン付近のヴッパータールで育った。1993年にアーヘン工科大学(RWTH)で医療技術・ポリマー技術に焦点を当てた研究で、ヘルムホルツ研究所、ドイツのエアバス社(EADS)およびファーバー社(ブラジル)の学問的・産業的拠点を中心に一般機械工学の修士号を獲得。アメリカのクレムソン大学繊維部での修士論文の後、1994年にアメリカのグリーンヴィルに所在するハーダウェイ法律事務所で初めて知的財産法の実務を経験した。

同年、特許エンジニアとして、Klunker IP の前身であるKSNHに入所。1997年にドイツ弁理士として、1998年に欧州特許弁理士としての資格を得た。同年1998年に既にパートナー弁理士となる。1998年より欧州知的財産庁(EUIPO、以前はOHIM)の欧州商標弁理士の資格を持ち、2012年以来、欧州意匠弁理士の資格を持つ。

15年前からKlunker IPの代表パートナーを務めている。国内外の依頼人、とりわけアメリカと日本の依頼人、の主要担当者である。

ドイツ語を母国語とし、英語以外にはフランス語とポルトガル語を話し、スペイン語の受動的な知識を持つ。ハイキング、スキー、旅行を家族で楽しむ他、サッカー、テニス、ゴルフおよび屋内クライミング等のスポーツも楽しんでいる。

実践分野

特許にも、商標にも、意匠にも同等に熟練している。業務には特許出願及び審査実務、異議申立、無効手続、訴訟が含まれるほか、職務発明の案件、例えば国際企業向けの代替の報酬システムの設定等も含まれる。アメリカと日本の依頼人の知的財産を監督するほか、様々なドイツの依頼人の国際特許ポートフォリオも管理している。直接に連絡を取り合い個人的な関係を育むことを極めて重視している。

既に1998年にAIPPI、MARQUES、ECTA等の様々な非政府組織に入会。年月をわたり、Klunker IPの力強い国際的ネットワークを構築する。10年以上、欧州知的財産庁(EUIPO)および世界知的所有権機関(WIPO)と直接に対応するMARQUESの商標法実践チームの議長としてその活動の幅を広げた。更に、2013年~2017年はMARQUES協議会の一員を務める。

Klunker IPの代表パートナーである他、若い特許弁理士および商標弁理士を育成している。Klunker IPの外では、依頼人向けの私的な場に限らず、MARQUES や UNIONの国際会議のような公的な場でも、知的財産に関するテーマについて講演を行う。

技術的な専門分野には医療技術、ポリマー・繊維技術、複合材料、油空圧技術、電磁弁、製紙、紙幣製造、スマートカード技術およびセキュリティ要素が含まれる。